Googleストリートビューの3つの効果!8万件が導入を決めた理由とは?

 

こんにちは!Googleストリートビュー認定フォトグラファー【コールフォース】の土屋です。

この記事では「Googleストリートビューの効果」について詳しくお話していきます。

 

道沿いの画像から始まったGoogleストリートビューは、今や店舗や施設の内観までもが見渡せる時代です。(すでに全国で8万件の店舗施設が導入しています)

まだ行ったことのない場所を、バーチャル旅行する感覚で使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

 

気になる場所の周辺を360度確認できて、しかも好きな方向に歩き回れるGoogleストリートビューには、大きく分けて3つの効果が期待できます。その3つとは・・・

 

  1. ネット上で目立つ!
  2. いつの間にか好きになってもらえる!
  3. 拡散力がつく!

です。

それぞれが一体どのような効果なのか?今からお伝えしていきますね。

 

 

ネット検索上で目立つ効果!

 

例えばあなたのお店や施設にGoogleストリートビューを導入すると、導入しなかったときよりもネット検索上で目立つようになります。どのように目立つかというと、こんな感じです。↓

 

①店名(施設名)を直接打ち込んで検索すると、右側に大きく情報が表示されます。室内版のストリートビューへのリンクも表示されるようになります。

ストリートビューの効果1

 

②店名(施設名)を知らなくとも、あなたのサービスと関係の深いキーワードが検索されると、候補地としてわかりやすい場所に表示される可能性が高まります。

ストリートビューの効果2

 

ストリートビューの効果3

 

このように、ネット検索で目立ちやすくなるのは、Googleストリートビュー導入のために開設する「Googleマイビジネス」というビジネス用アカウントのおかげです。(無料で開設できます)

Googleマイビジネスのアカウントがあると、店名検索の際に、お店の情報が大きく表示されます。そして、関連キーワード検索で候補地として表示されるようになります。

反対に、Googleマイビジネスがないお店や施設は、大きく表示されたり候補地として表示されることがありません。

 

さらに、より情報開示しているお店(施設)のほうが、分かりやすい場所に表示される特徴があります。その「情報開示」として効果的なのが、Googleストリートビュー屋内版なのです。

 

ちなみに「ネット上」とは、「Google検索上」ということです。そのほかの検索エンジン(Yahoo!JAPANやBingなど)は含まれません。

 

「え~、ネットで目立つのはGoogle上だけなのか~・・・だったらイマイチ・・・」

と思うのはまだ早いです!

Googleが世の中の人にどれだけ使われているかを目にしたら、Google検索上で目立つことの意味を分かっていただけるでしょう。

 

 

検索ではGoogleが断トツトップのシェア

 

今から紹介するデータは、ネット上での行動を分析するツール、StarCounterによるものです。このツールにて、日本の検索エンジンの利用動向を調べてみると・・・

 

【パソコンからネット検索するときに使う検索エンジンは?】

PCからネット検索するときの検索エンジンシェア

 

【スマホからネット検索するときに使う検索エンジンは?】

 

ご覧の通り、パソコン・スマホともGoogle検索が圧倒的に使われています。どちらも60%を超えるシェアで、2位のYahoo!JAPANにダブルスコアの差をつけています。

さらに日本では、端末をサクサク使いこなし、ネット慣れしている若い世代が、Googleを好んで使う傾向があります。

 

つまり「情報を探す」という分野においては、Googleが断トツ支持されている検索エンジンであり、しかも、Googleストリートビューという新しい機能を、使いこなせる世代が集中して使っているという事実があるのです。

 

Google検索上であなたのお店や施設を目立たせるのは、集客や売り上げアップのためには超重要なことなのです!!

 

 

いつの間にか好きになってもらえる効果!

スペシャル

 

「最初はただの友達だったのに、いつの間にか好きになってた・・・」

青春恋愛映画でよくありがちな展開ですが、これは集客にも当てはまることです。

 

人間は、「慣れ親しんだものを好きになる」という特徴を持っています。そのため同じ業種のお店でも、文字でしか様子が分からないお店よりも、文字、画像、映像・・・という複数の情報で様子が伝わったお店のほうに好意を抱く傾向が強くなります。

 

実際にGoogleの調査でも、

リスティング(Googleマイビジネスの店舗情報)に写真を追加しているビジネスは追加していないビジネスと比べ、Google マップで運転ルートが検索される回数が 42% 増加し、ウェブサイトへのリンクがクリックされる回数が 35% 増加します。

とあります。

 

Googleストリートビュー(屋内版)は、店舗施設の隅々まで観察できる画像です。しかも、実際に室内を歩き回っているかのように移動することができます。

 

個室の広さはどのくらいか?とか、照明のムーディーさはどんな感じか?とか、子どもが安心して過ごせそうな場所か?などなど、気になる部分を調べるためにストリートビューを操作していくとしましょう。

すると、店舗施設の情報に自然と長時間触れることになります。入口周辺の目印から室内のインテリアまで、触れる情報量も多くなります。

 

いつの間にかそのお店(施設)は「慣れ親しんだもの」になり、ほとんど情報のない同業種よりも「好きな場所」として記憶に残るのです。

 

 

拡散力がつく効果!

 

Googleストリートビューは、気軽に拡散できる機能が備わっています。

下の画像をご覧ください。これは、GoogleストリートビューをGoogleマップ以外に露出させたいときに使う「共有リンク」と「埋め込みコード」です。

共有リンクと埋め込みコード

 

共有リンクは、例えばSNS上で投稿すれば、SNSでつながっている友達に、そのGoogleストリートビューの存在を知らせることができます。

また、知人をお店に誘いたいときにも、あらかじめ共有リンクをメールなどで送っておき「こんなお店に行こうよ」と知らせることもできます。

 

埋め込みコードは、例えば店舗施設のホームページやブログに貼り付ければ、Googleストリートビューを表示できるようになります。専門知識があまりなくとも簡単に設置できる便利なコードです。

※埋め込みコードの扱い方はこちらの記事を参考にしてください↓

>>Googleインドアビューの埋め込み!ホームページ・SNSでの簡単なやり方

 

Googleストリートビューは、インターネット上にあるものです。インターネットの特徴は、ひとつの情報が広い範囲の多くの人々に簡単に届くことです。それも、経費をかけることなく。(共有リンク・埋め込みコードともに無料で使えます)

効率よくお店(施設)をアピールしたいと願う方には、ぴったりのツールなのです。

 

 

Googleストリートビュー×エンタメ要素で「バズる」可能性も!?

 

Googleストリートビューは、画像を直接目で見て楽しむツールです。そのため「おもしろさ」がダイレクトに伝わります。

そして、簡単に拡散できる特徴があることから、エンタメ要素を含んだGoogleストリートビューは一気に広まるケースがあります。

 

例えば下のストリートビューは、2017年の6月に話題となったものです。偶然見つけた一般の方がTwitterに投稿したところ、「Googleストリートビューに謎の生き物が写っている」と65000回リツイート(拡散)され、一気に全国の人たちに広がりました。いわゆる「バズる」状態です。

単純に、おもしろいですよね。

 

このように、クスッと笑わせてくれるようなエンタメ要素のあるストリートビューは、多くの人に受け入れられる傾向があります。

この現象を室内版ストリートビューに応用するならば、例えば名物店員さんをあえて顔のぼかしナシで登場させたり、ここにしかない!というおもしろインテリアがあれば、それを目いっぱいアピールしたりできることでしょう。

 

これからGoogleストリートビュー(屋内版)の導入を検討している方は、見ている人が「おもしろくて思わず人に話してしまうような演出」ができないかどうか?も、考えてみるといいですね。(もちろん弊社も相談に乗ります!)

 

 

まとめ

カフェの看板

 

Googleストリートビューの効果には、大きく分けて次の3つがあります。

 

  1. ネット上で目立つ!
    →検索エンジンのトップシェアであるGoogle検索上にて、あなたのお店(施設)が大きくわかりやすい場所に表示される可能性が高まる。
  2. いつの間にか好きになってもらえる!
    →ストリートビューを操作していると、自然と触れる情報量が増え、親近感がわきやすくなる。
  3. 拡散力がつく!
    →共有リンクや埋め込みコードで情報を他者に広めやすい。また、単純に面白いストリートビューは自然に拡散する。

 

同じようなサービスがいくつも競っているこの時代では、いかに情報を”見せる・魅せる(情報開示する&よさそうな雰囲気を醸し出す)”かが差別化のカギです。

 

画像を見ればひとめで分かるGoogleストリートビューは、差別化にもってこいのツールだと言えますね!

 

 

【ご注意ください】

 

おかげさまで毎日多くの方からお問い合わせをいただいております。
誠にありがとうございます。

 

しかしながらお問い合わせの中には、

 

「Googleマップに表示されている建物の住所や名称が違うから修正してほしい」
「Googleストリートビューが示している建物の外観の写り方を直してほしい」
「Googleストリートビューに映っている道路の画像が古いので修正してほしい」
「Googleマイビジネスの情報が違うから変更してほしい」

 

など、弊社ではお取り扱いできない内容がございます。

 

 

大変申し訳ないのですが弊社は、店舗や施設などの建物の内観を360度画像に撮影・加工いたします「Googleストリートビュー【屋内版】」の専門代理店です。

 

道路沿いや建物の外観のストリートビューに関する修正、変更はお受けいたしかねますのでご了承ください。

 

 

『お店や会社の内観をストリートビューのように360度画像にして公開したい』
『WEBから集客できる方法を相談したい』

 

などのご要望がございましたら、ぜひご連絡ください。

 

>>お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です