Googleインドアビューは自作可能!?手間やクオリティを比較!

 

こんにちは!Googleストリートビュー認定フォトグラファー【コールフォース】の土屋です。

今回は「Googleインドアビューは自作できるのか?」という話題についてお伝えしていきます。

 

Googleストリートビュー(インドアビュー)の認定フォトグラファーがこんなことを言ってしまっていいものかとも思いますが、結論から言ってしまえば、Googleインドアビューは自作できます。

ただし、「手間」「時間」はかなりかかります。そして、認定フォトグラファーが作成するインドアビューよりも、やはり品質は劣ってしまいます。

 

では具体的に、Googleインドアビューを自作するのには、どれくらいの手間がかかるのか?どんな品質のものが出来上がるのか?について、今から詳しくお話していきます。

 

 

Googleインドアビューを自作するときの手順

 

Googleインドアビューを自作するには、まず次のものが必要です。

  • 360度撮影に対応したカメラ(Ricoh Theta【シータ】が一般的によく使われています。)
  • カメラを固定する三脚
  • スマートフォン
  • Googleストリートビューアプリ(インドアビューの編集や公開の際に必要です。スマホにダウンロードしておきます。)

これらをすべて用意できたら、撮影や公開の手順に移っていきます。

 

 

①インドアビューを撮影する 

リコー シータ

↑シータはこんなカメラです。

 

ここからは、先ほど紹介したシータを使った撮影方法をお話していきます。

手順をまとめると、

  1. シータとスマホをWi-Fiで接続する(シータの説明書にやり方が載っています)
  2. 撮影したい地点に三脚で固定したシータを置く
  3. Googleストリートビューアプリからシータを操作して撮影

となります。

 

シータとスマホをWi-Fiで接続しておくと、Googleストリートビューアプリの撮影モードにて「外部カメラ」からシータを選ぶことができるようになります。

 

Googleストリートビューアプリ

 

シータに接続後はアプリが撮影の手引きをしてくれますので、それに従って撮影します。

ちなみに、シータで撮影した360度画像はこのような感じになります。(引き延ばした画像です)↓

 

シータで撮影した画像

 

 

②撮影したインドアビューを編集する

 

次に、シータで撮影した画像をGoogleストリートビューのアプリ上で編集していきます。具体的な編集点は、次の2つです。

  • プライバシー保護のための「ぼかし」を入れる
  • 撮影した場所の紐づけ

 

撮影した360度画像は、シータからスマホのストリートビューアプリに送られてきます。まずはその画像をチェックして、人が写り込んでいたりした場合はぼかしを入れます。

 

Googleストリートビューアプリ

↑ぼかしを入れたい部分を長押しすると適用されます。

 

プライバシー保護のためのぼかしが入れられたら、次に撮影地点の設定です。Googleマップ上に登録された場所と撮影した360度画像を紐づけていきます。

撮影した時点で、すでに位置情報が取得できています。なので、候補リストから選ぶだけで紐づけができます。

 

 

③インドアビューを公開する

 

いよいよインドアビューの公開です。オレンジ色の「Googleマップに公開します」という帯をタップします。

 

ストリートビュー 公開

 

すると確認画面が出てくるので、よく読んで「公開」をタップします。これで、自作のインドアビューがGoogleマップ上に公開されます。

 

ストリートビュー公開

 

ここまでが、自作のGoogleインドアビューの作成・公開方法になります。

 

 

公開したのに公開されない!?その謎の正体とは?

チェック

 

自作のGoogleインドアビューは、人によっては「思いのほか簡単に作れるなぁ・・・」と感じられたことでしょう。

確かに、日ごろから通信機器に触れている方にとっては、Googleインドアビューの自作は易しいものかもしれません。

 

しかし、「盲点」がひとつあります。

Googleインドアビューは、実は「公開ボタンを押しただけ」では大々的に公開されません。

 

一体どういうことかというと、GoogleインドアビューがGoogleマップ上に公開されるには「品質の審査」があり、それに合格しないことには大々的に公開はされないのです。

不鮮明だったり、不適切な画像が含まれたインドアビューは、ネットユーザーの役に立ちませんから、きちんとチェックが入るというわけです。

 

Googleインドアビューの審査項目の一例をあげると・・・

  • 貼り合わせに著しいずれがない
  • 明るい部分も暗い部分も十分に細部を判別できる
  • すべて視界が開けていること

・・・などがあります。全部確認するには、>>Googleストリートビューの公式ページへ

 

もしも、自作のインドアビューがGoogleの品質チェックに通らなかった場合は、もう一度撮り直す手間が発生します。

 

 

自作のインドアビューと、認定フォトグラファーが作成したインドアビューの違い

 

ここからは、自作のインドアビューと、Google認定フォトグラファーが撮影・作成したインドアビューの違いを見ていただきたいと思います。

まずは、自作のものから。↓(シータ公式サイトより引用した画像です)

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

次に、弊社が撮影したインドアビューを。↓

 

この2つを見比べると、次のような違いがあることが分かります。

  • 自作のインドアビューは移動できないが、認定代理店によるインドアビューは移動できる
  • 画質の違い

 

自作のインドアビューは、撮影地点を中心として、動かずにぐるっと回る感じの画像になります。

もし、認定フォトグラファーが作るような「動き回れるインドアビュー」を自作したかったら、何枚か撮った360度画像をつなぎ合わせる作業が必要です。そのためにはアプリでの再設定が必要になり、Googleによる再審査もあります。

 

趣味で360度画像を撮影する人ならば、その手間すらも楽しいかもしれません。しかしながら、店舗や施設の営業のかたわらインドアビュー作成の作業をするのは、従業員の方にとっては大変なことなのではないでしょうか?

 

平たく言ってしまえば、餅は餅屋です。Googleインドアビュー専門の業者に任せてしまったほうが、費用は多少かかりますがラクだということですね。

 

 

そして、Googleインドアビューを店舗や施設のPRツールとして使いたいという方であれば、画質の違いも気になるのではないかと思います。

 

多くの代理店では、インドアビュー撮影に使うのは高画質の一眼レフカメラです。(もちろん弊社でも一眼レフカメラを使っています

 

今回の記事で紹介したシータというカメラは、コンパクトな反面、一眼レフカメラに比べると画質が劣ります。

 

PRツールとしてのインドアビューは、店舗施設内の看板やメニュー表などがそれぞれ「その場所の独自性(同業他社との差別化)を表現するアイテム」となります。それらがより鮮明に写ったほうが、PR効果は高いです。

※弊社では、よりPR効果が高くなるように、モノの配置なども考えて撮影しています。

 

 

これらのことから、店舗施設が宣伝のためにインドアビューを導入するならば、自作よりも認定フォトグラファーを通してしっかり作られたほうがいいですよ、ということはお伝えしたいです。

一度公開されたら、ずっとネット上で見られ続けるものですからね。

 

 

まとめ

一眼レフ

↑弊社が撮影に使用しているカメラです

 

Googleインドアビューの自作は、ちょっと通信機器に詳しい方なら、専用のカメラやアプリを使って自作は可能です。

しかしながら、撮影する手間・編集する手間などがかかるうえ、公開するにはGoogleの品質審査に通過する必要があります。

 

店舗や施設がPRのためにインドアビューを導入するなら、営業効率やクオリティ面を考えると、Google認定フォトグラファーにお任せいただくほうがおすすめです。

 

※【店舗施設のオーナー様向け】インドアビューと集客効果の関係を見るには>>こちら

4 件のコメント

  • 記事ありがとうございました。自分でもインドアビュー試して見ましたが、自作でも簡単に移動させることができます。あとストリートビューはよく使いますが、シータのような360カメラで撮影するかぎり、審査は通るはずです。(プライバシー侵害などは別)この点は指摘しておきます。確かにプロに任せるのが安心ですが、個人的にはネットに載せるくらいのレベルであれば、自作も費用がかからなくてありかと思います。お店の模様替えとかあった場合いちいち費用かけるのもったいないですしね。

  • goさま

    コメントとご指摘ありがとうございます!
    自作かプロに任せるか?は、オーナー様のご判断によります。

    高画質のほうがいい、とにかく時間がないからお任せしたい、専門的な事が分からない、などの事情がおありでしたら、やはり専門業者に依頼していただくほうが安心です。

    反対に、goさまのように、各端末がサクサク使える方であれば、自作も選択肢の中に入ります。

    それぞれの店舗施設の状況によって、良い選択をしていただくのが、弊社としても最適なのではないかと考えています。

    貴重なご意見ありがとうございます!

  • どうしても引っかかるのでコメント失礼します。
    この記事を読むと、シータでは画質が悪く審査に落ちる、動き回れないと勘違いされます。

    go様もコメントされていますが、
    シータでもGoogle基準の画質は十分ですし、画像をつなぎ合わせ動き回れるようにもアプリで余裕です。
    ちなみにGoogleのイメージビデオに使用しているカメラはシータです。

    お言葉ですが、
    代理店が一眼レフの高画質で撮影すると言って価値を高め、撮影料を高くしています。

    シータで撮影した”動き回れるインドアビューの画像”を記事に掲載して比較してもらった方がいいと思います。
    この記事のシータ公式から引用した画像では用途が異なります。

    結論、
    シータなどの360カメラでもGoogleの品質には合格でき動き回れるインドアビューは簡単にアプリで作成することができる。
    60過ぎの前の私の母でも作成できましたよ。

  • 通りすがりのシータ 様
    コメント、ご意見を頂きありがとうございます!
    前出のgo様に当てた返信にもございますが、専門的な事がわからなかったり、時間がないからお任せしたいといったお客様に、より良い品質でご活用いただけるように一眼レフを使用しております。
    また、そのために撮影料を上げる等弊社ではしておりません。
    通りすがりのシータ様のお母様のようにご自身で作成できれば、理想の撮影方法を叶えることもできるかと思います。
    様々な選択肢がある中で弊社に依頼をしてくださったお客様へは、これからも安心してお利用いただけるよう、より一層精進してまいりたいと思います。
    貴重なご意見ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です