Googleマップと連動!インドアビューの事例を業種ごとに紹介

 

こんにちは!Googleストリートビュー認定フォトグラファー【コールフォース】の遠藤です。

このページでは、弊社がこれまで撮影に携わってきたGoogleストリートビュー(インドアビュー)の一部を事例としてご紹介していきます。

 

Googleストリートビュー(インドアビュー)はGoogleマップと連動しており、Googleマップでお店や施設を検索したときにはリンクできるようになっています。

Googleマップ検索

 

気になるお店や施設をマップ検索したら、ついでに室内のバーチャル訪問もできる。インドアビューを見た検索ユーザーが、さらにその場所に興味を深く持つ様子が想像に難くないですね。

そんな自然なPR効果を求めて、最近はさまざまな業種の店舗施設がGoogleストリートビュー(インドアビュー)の導入に踏み切っています。

 

一体どんな業種がどんな見た目のインドアビューになるのか?どこを重点的に見せているのか?百聞は一見に如かずですから、早速チェックしてみてください!

 

 

医療系施設のインドアビュー事例

 

神奈川県横浜市港南区 つながるクリニック(訪問診療・内科)様

 

神奈川県秦野市 山本どうぶつ病院 様

 

神奈川県横浜市泉区 やよい台眼科 様

 

引っ越し先の地域でかかりつけの病院を探したい・・・。初めて診てもらう病院の雰囲気をあらかじめ知りたい・・・。

そんな検索ユーザーに待合室や診察室の雰囲気を伝えられれば、納得した上で来院してくれますよね。

Googleストリートビュー(インドアビュー)はただの静止画像ではなく「実際に室内を歩き回っているかのように操作できる画像」です。閲覧者にネット上でリアルな来院体験をしてもらうことができます。

 

 

学校系施設のインドアビュー事例

 

神奈川県川崎市中原区 陽光学園(進学塾)様

 

東京都江東区 江東服飾高等専修学校 様

 

東京都杉並区 國學院大學久我山中学校・高等学校 様

 

進学先として考えている学校がどんな雰囲気なのかを知るために、もちろんGoogleマップやストリートビュー(インドアビュー)は利用されます。

実際に訪れる前にバーチャル訪問をしておけば、閲覧者にとっては安心感を感じられますし、学校側は親近感を感じてもらえます。

 

 

飲食店のインドアビュー事例

 

神奈川県横浜市西区 Restaurant & American Bar T.G.I. FRIDAY’S 横浜西口店 様

 

神奈川県横浜市緑区 酒肴タロウ 様

 

Googleストリートビュー(インドアビュー)を導入している割合が比較的多いのが飲食店です。

同じエリア内にライバル店舗が多い場合がほとんどなので、より「お店が持つ個性」を主張したインドアビューに仕上げ、差別化を図ります。

 

 

美容・アパレル系店舗のインドアビュー事例

 

神奈川県鎌倉市 PACIFIC BLUE(美容室)様

 

神奈川県横浜市中区 オーダースーツNAGASAKA 様

 

個人経営や小規模のサロン・ショップは、一見さんには少々入店しづらく見えるものです。

そんな「店舗に足を踏み入れるまでの心理的な抵抗」を和らげるために、Googleストリートビュー(インドアビュー)は役立ちます。

店員さんがあえて顔出しで写っているのもそのためです。(顔出しは絶対!というわけではありません)

 

 

自動車関係店舗のインドアビュー事例

 

東京都港区 アズールモータリング麻布ショールーム 様

 

神奈川県相模原市 フレックスランクル横浜町田インター店 様

 

車の販売店では、取り扱っている車が”店の顔”です。なので、車の全体像がキレイに写るようなGoogleストリートビュー(インドアビュー)を作成します。

お店を訪れようとして検索しているユーザーは、インドアビューを見て気分を高めることができます。

 

 

ジム系施設のインドアビュー事例

 

東京都港区 パーソナルトレーニングボクシングジム スリーミニッツキャンプ 様

 

神奈川県横浜市港北区 パーフェクトボディ新横浜店 様

 

希望のマシンがあるか?どんなトレーナーさんがいるのか?どんなトレーニング内容なのか?更衣室など設備は充実しているか?

などなど、これから通うジムを探している人は、あらゆるポイントが気になります。

Googleストリートビュー(インドアビュー)で屋内を公開すれば、そんな気になるポイントが一目瞭然です。

 

 

まとめ

 

今回は、さまざまな業種のGoogleストリートビュー(インドアビュー)の事例をご紹介しました。

 

インドアビューはGoogleマップ上だけでなく、ホームページに貼り付けて公開したり、SNSに閲覧用のリンクを公開することもできます。インターネット上のあらゆる媒体から、店舗施設のバーチャル訪問に促す導線を張ることができるのです。

 

内観が見られないサービスと、内観が見られるサービスとでは、インターネットユーザーの興味関心度に2倍の差が出ると言われています。

Googleストリートビュー(インドアビュー)は、ただ見られるだけでなく、訪問したかのような感覚を味わうことができます。ユーザーに渡せる情報量が、静止画像よりも圧倒的に多いのがメリットです。

 

「新規のお客さんに来てほしい」
「質のいい見込み客を集めたい」
「初めてのお客様に安心して来てほしい」

そんな思いを抱くオーナー様は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

※インドアビュー(Googleストリートビュー屋内版)について、ご質問やご相談は>>こちらからお気軽にどうぞ

 

※Googleストリートビュー(屋内版)と集客効果の関係を詳しく知るには>>こちら

 

【ご注意ください】

 

おかげさまで毎日多くの方からお問い合わせをいただいております。
誠にありがとうございます。

 

しかしながらお問い合わせの中には、

 

「Googleマップに表示されている建物の住所や名称が違うから修正してほしい」
「Googleストリートビューが示している建物の外観の写り方を直してほしい」
「Googleストリートビューに映っている道路の画像が古いので修正してほしい」
「Googleマイビジネスの情報が違うから変更してほしい」

 

など、弊社ではお取り扱いできない内容がございます。

 

 

大変申し訳ないのですが弊社は、店舗や施設などの建物の内観を360度画像に撮影・加工いたします「Googleストリートビュー【屋内版】」の専門代理店です。

 

道路沿いや建物の外観のストリートビューに関する修正、変更はお受けいたしかねますのでご了承ください。

 

 

『お店や会社の内観をストリートビューのように360度画像にして公開したい』
『WEBから集客できる方法を相談したい』

 

などのご要望がございましたら、ぜひご連絡ください。

 

>>お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です